サービス一覧

病気やけがで入院などした場合に、周りの人がお見舞いに来てくれたり、励ましに来てくれますよね。
元気になったときには、お返し、快気祝いの品を贈って感謝の気持ちを伝えましょう。
快気祝いの品を選ぶときのだいたいの金額の目安ですが、見舞っていただいた金額の3分の1から2分の1というのが一般的なようです。
いただいた金額がまちまちの場合でも、一律で贈ってかまいません。
会社関係で部課などからという場合はその課や部宛に御一同様、などとして、お菓子などを贈る場合が多いようです。
のしは表書きに、快気祝、快気内祝などと書いて、水引は紅白結び切りを選ぶようにします。
下段に病気をした本人の名前を書いて贈るようにしましょう。