サービス一覧

病気やけがが治って元気になったら、お見舞いや心配してくれた方がたへのお返しをしなければいけません。
このお返しを快気祝いといいますが、快気祝いは、いつ頃贈るのがタイミングとしては正しいのでしょうか。
だいたいの目安としては、退院や床上げ後、10日ぐらいのタイミングで送るといいようです。
また、贈る品としては、病気が残らないようにということで、お菓子類、クッキーチョコレートなどや、石鹸、タオルなどが多いようです。
また、御見舞いをいただいていない方でも、お世話になった医師や看護師などの方にも快気祝いを贈る気づかいも必要かと思います。
これは、大人のマナーといえますね。
少し落ち着いたら、気遣いをいただいた人、お世話になった人に快気祝いを贈りましょう。